スープ・シチュータイプのキャットフード

スープ・シチュータイプのキャットフードは、食欲のない猫や水を飲まない猫の栄養補給・水分補給に最適です。
ウェットフードは含有水分量が75~85%ほどと高いのですが、スープ・シチュータイプはさらに高くなっています。
素材の持ち味を活かし、煮込んだだけで形や風味を残しさらっと仕上げたスープタイプと、とろみを付けたもの、素材を完全に溶け込ませたシチュータイプなど、いろいろなタイプがあります。
パウチやカップの形状も風味や新鮮さを逃しません。
嗜好性も高くなっており、病気や加齢により食欲ない猫の栄養補給や食欲増進・水分補給として、そのまま与えたり、ドライフードに混ぜたりすると食いつきも良く、しっかり食べてくれます。
キャットフードの切り替え時にも混ぜたり、トッピングに利用すると、スムーズに移行できます。
さらっとしたスープタイプは水で薄めると、あまり水を飲まない猫の水分補給にも有効です。
嗜好性が高いので水を飲みやすく、徐々に薄めていくことで、最終的には水だけでも飲むようになります。

しかし、使い切りのパウチタイプのキャットフードやカップになっているのは便利な半面、添加物も少ないことから、保存には適しません。
開けたら使い切る必要があります。
また、一般食や副食も多く、これだけを長期間使用することは栄養バランスが良くありませんので、総合栄養食を選び、必要以上に長く与えないようにしましょう。
食いつきが良くなるようにと、常時ドライフードに混ぜて、柔らかくして与えている方もあるようですが、歯ごたえもありませんので、顎が弱くなり、噛まないことは健康上も好ましくありません。
口の中に食べかすも残りやすく、歯垢や歯石の原因にもなります。
総合栄養食であっても大部分が水分ですから、栄養が十分とはいえませんので、他のキャットフードと併用するのは良いことですが、使い方には注意が必要です。
価格的も他のウェットフードに比べても高めですので、経済的にも負担になります。
スープ・シチュータイプのキャットフードも特性を活かして、上手に他のキャットフードと組み合わせたりすると、非常に便利なものです。
こちらでは。キャットフードで欠かすことのできない栄養素について解説されています。
キャットフードの種類はドライタイプやウェットタイプなどありますが、どのタイプでも必ず総合栄養食をメインに与えていきましょう。