シャム猫用のキャットフード

小さな口にV字方の顔、筋肉質のすらっとしたボディーに長い手足の、まさに女王様といった風のシャム猫です。
そのナイスボディーを維持するには、やはり体質に合った食事が必要です。

シャム猫は活発な性格で高いところを好みますので、1歳未満の子猫の時期から、しっかりした骨格と筋肉のための食事が大切になります。
消化性の高いタンパク質に加え、ビタミンやミネラルをバランスよく配合したキャットフードが成長を支えます。
とくにビタミンDやカルシウムは骨の成長に欠かせないものです。
消化器官の健全な成長には、水溶性食物繊維と脂溶性食物繊維などの複数の食物繊維が大切で、腸内細菌のバランスを整え、健康な排泄を促します。
ビタミンCやビタミンE、ルテイン、タウリンなどの抗酸化成分は免疫機能を高めると同時に短いながらもしっかりと密集した美しい被毛の成長をサポートします。

1歳を過ぎると身体もほぼ出来上がり成猫となりますが、引き締まった筋肉質の体を維持するためには、ある程度脂肪を抑えた高タンパクの食事が必要です。
消化性の高いタンパク質は消化吸収にも優れ、消化器にかける負担も少なく、無駄のない身体づくりをサポートします。
アミノ酸やビタミン、オメガ3系の不飽和脂肪酸やオメガ6系の不飽和脂肪酸をバランスよく配合すると、皮膚や被毛の健康を維持をサポートしてくれます。
シャム猫は、特徴的な顔の形状から食べるスピードも速く、キャットフードを丸呑みする傾向もあり、食べた後、直ぐに戻すことも多くあります。
消化性に優れたものでも、消化される間もなく吐き出されてしまいますので、キャットフードの粒の形状や大きさに配慮されたものの方がいいでしょう。
このように猫の猫種に合わせてキャットフードを選ぶようにしましょう。

また、猫がかかりやすい肝臓病にも一般的な猫の2倍ほどの罹患率の高さがあります。
腎臓病と肝臓病は猫の大敵です。
塩分少な目ということにも配慮した食事や尿の排泄を促進するための給水の工夫も必要です。
腎臓病予防に効果のあるオメガ脂肪酸のサプリを利用するのもいいでしょう。