ウェットキャットフードの特徴

ウェットキャットフードの最も大きな特徴は、含有水分量の多いことです。
缶詰やレトルトパック、カップなどいろいろな形状がありますが、いずれも含有水分量は75~85%、あるいは、それ以上の水分が含まれています。
水分を取るのが苦手な猫の水分補給や水分不足による病気のリスクを軽減することができます。
ドライフードと異なり、肉や魚などの素材を活かしたものが多く、本来肉食動物である猫にとって、自然な食感があり、習性にマッチするもので、食いつきがよくなっています。
また、味付けもされており、嗜好性も高くなっていますので、食欲のない猫や病気の猫の栄養補給にも有効です。
ペーストやムースなど柔らかいものもあり、子猫や老猫でも食べやすいフード形状のものもあります。

ウェットキャットフードには、総合栄養食と一般食があります。
総合栄養食はタンパク質や脂質、炭水化物をなどの必要栄養素をバランスよく配合しており、主食として利用できるものです。
含有水分量が多くても、さらに水分を補給する必要はありますが、これだけで猫の健康は維持できるとされています。
水分量が多いため、低カロリーになっていますので、栄養バランスのとれた食事をしながら、肥満防止やすでに肥満状態にある猫のダイエットにも最適です。
一般食は、補助食や副食として、おかずやトッピング、おやつなどに利用できます。
栄養バランスのとれたものではなく、食欲不振や病気の猫の食欲促進のためにスポット的に使用するものです。
ウェットキャットフードは素材を活かした加工をされているため、開封後の保存が難しくなっています。
水分含有量が多いために傷みも早く、できるだけその日のうちに食べさせましょう。
どうしても保存するという場合は、密閉容器に移して冷蔵庫で保存し、早めに与えましょう。

また、ウェットキャットフードはドライフードに比べ、価格的に高額になりますので経済的負担が大きいものです。
さらに、ウェットキャットフードばかり食べていると、ドライフードを食べさせるのが難しくなります。
両方のフードが食べられるように上手く組み合わせると、両方のメリットを活かすことができ、経済的な負担も軽減できます。