ウェットキャットフードの種類-一般食

ウェットキャットフードは、主食にできる総合栄養食と、限られた量をおやつやスナックとして与える間食と、いずれにも該当しないその他目的食に分類されます。
その他目的食も使用目的により分類され、一般食は、嗜好増進目的で与えるペットフードとされています。
製品には、「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」「副食」「ふりかけ」などと表示されています。

一般食は栄養バランスに偏りがあるため、おかずという位置づけになります。
嗜好性が高くなっていますので、主食の総合栄養食を食べてくれないときなど、食前に少し食べさせたり、トッピングなどとして使うことで、食いつきをよくするのに利用します。
水分量も多いものですから、あまり水を飲まない猫のドライキャットフードにトッピングすれば水分補給にもなります。
食欲のない場合も、食いつきがよくなりますので、栄養補給をサポートします。
猫の肥満予防やすでに肥満状態の猫のダイエットにも最適です。
高タンパク低カロリーですから、主食のドライキャットフードに混ぜることで、満足感がありながら、摂取カロリーを抑える、健康的なダイエットができます。
フレークタイプ、パテタイプ、スープ・シチュータイプなどいろいろなタイプがあり、とくにスープ・シチュータイプは水分が多く、嗜好性も高く、種類も豊富です。
ウェットキャットフードの中でも最も水分が多いので、水分補給に最適です。
少し温めると嗜好性がさらに高くなり、食欲のない猫に適しています。
トッピングする場合にも、全体に広がりやすく便利です。
パテタイプは、そのままの状態で薬を包んで食べさせるのに便利ですが、ぬるま湯で少しゆるくすると、ドライキャットフードなどに最も絡みやすいため、食欲のない猫に食べさせるのにも適しており、自力で食べられない猫には注射器で与えることもできます。

一般食は栄養バランスに欠ける面はありますが、嗜好性が高く、種類も豊富にあります。
それぞれの特性を生かした使い方をすれば、猫の健康維持に大変役立つものです。
総合栄養食と上手く組み合わせて、猫の元気をサポートしましょう。