ウェットキャットフードの種類-副食

副食は、嗜好性増進などの目的で与えられるキャットフードのことで、一般食も含まれています。
キャットフードとしての表示も一般食(おかずタイプ)、一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)、副食、ふりかけ等と表示されています。
キャットフードの総合栄養食についてはこちらをご覧ください。
ペットフード公正取引協議会では、ペットフードを目的別に総合栄養食、間食、その他の目的食の3つに分類しています。
そして、その他の目的食は使用目的により、副食・おかずタイプと、栄養補完食、特別療法食に区分されています。
栄養補完食は特定の栄養やカロリーを補うもので、特別療法食は特定の病気に対する食事療法のためのキャットフードです。
副食は嗜好性を高め、主食を食べるように食いつきをよくするためのキャットフードです。
栄養補完食や特別療法食は健康に大きくかかわってきますので、医師の判断あるいはアドバイスの下に使用するほうがいいものです。
しかし、副食は食欲増進のために与えるもので、まさに主食総合栄養食のおかずです。

確かに、ウェットキャットの副食は栄養的に偏りがありますので、主食には適していませんが、嗜好性が高く種類も豊富で猫の食事をバラエティー豊かなものにしてくれます。
フレークやパテ、スープ・シチュータイプ、その上、素材もいろいろなものを使用して味覚的にも種類が豊富です。
栄養面でバランスのいい総合栄養食を与えていると、食べてくれないこともありますので、トッピングしたり、混ぜたりすると食いつきがよくなります。
とくに、スープ・シチュータイプは、少し温めると香りが引き立ち、いっそう食いつきがよくなります。

しかし、普段から与えていないと、嗜好性の高いものでも食べてくれません。
いつもドライフードばかり与えていると、ウェットフード自体を食べてくれないこともあります。
価格的にも少し高めになりますので、毎日あげる必要はありませんが、時々与えることは必要です。
高齢になって歯が弱ったり、病気になったりするとウェットキャットフードを与えなけれなならないこともあります。
将来のことも考慮してウェットフードに慣らす意味でも副食を利用することは大切です。