セミモイストタイプのキャットフード

セミモイストタイプのキャットフードは、含有水分量が約25~35%ほどの柔らかい半生タイプのフードです。
ドライフードと同じような工程で製造します。
原材料を混ぜ合わせ、押し出し機で押し出してカットします。
しかし、その後、発砲や乾燥はせずに、水分を維持するための湿潤調整がされます。
含有水分量が10%程度のドライフードに比べると、開封後の保存可能期間は短くなりますが、水分を多く含んでいますので、素材そのものの旨味が感じられる嗜好性の高いフードになっています。
主食というよりもおやつなどとして取り扱いされることの方が多くなっています。
形状も動物や魚の肉を削いだように成形されたものもあり、食感も生肉に近づけてあり、食いつきがいいものです。
タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素を含むだけではなく、骨や関節などの健康のために、グルコサミンやコンドロイチンなど多くの有用な成分を含んだものがたくさんあります。
しかし、栄養バランスのとれた主食ではありませんので、食べ過ぎると肥満の可能性が高くなりますので、与えすぎには注意が必要です。
また、嗜好性の高いものばかり与えすぎると、普通のフードを食べなくなることもあります。
主食のドライフードに飽きたり、食欲の落ちた猫、歯の少し弱ってきた老猫などには、柔らかく食欲増進効果がありますので、大変いいものです。

セミモイストタイプのキャットフードは含有水分量が多いため、劣化防止のために脱酸素剤を封入し、バリア機能の高い包装がされています。
開封前であれば、長期間の保存は全く問題ありません。
開封後でも、ドライフードほどではありませんが、保存期間は長いものです。
常温で保存できますが、梅雨などの湿気の多い時期は早めに与える方がいいでしょう。
水分を多く含むだけに、空気と接触した後の劣化も早いものです。
柔らかいフードですから、口内に残りやすく歯周病の原因になるといわれますが、常食ではなくおやつとしてスポット的に与える範囲であれば、それほど気にする必要はありません。
美味しく食べて健康でいられることが大切です。