ウェットキャットフードの選び方

ウェットキャットフードの最も大きなメリットは含有水分量約75~85%と高く、低カロリーということですが、種類が豊富にありますので、目的や用途に合わせた選択が大切です。

ウェットキャットフードには、総合栄養食、一般食、療法食などがあります。
総合栄養食といわれるキャットフードは、猫に必要な栄養素をバランスよく配合し、新鮮な水と一緒に与えておけば健康を維持できるというものです。
一般食は、猫の嗜好性を重視したもので、栄養バランスに欠けていますので主食ではなく、主食のおかずとして与えるものです。
療法食は、栄養分を調整して、特定の病気の食事療法食で、特別療法食とも呼ばれています。
病気の治療の一環として与えますので、獣医師の診断と指示に基づいて与えることが大切です。
市販のキャットフードでも腎臓病や肝臓病などいろいろな病気に対応するものがありますが、心配だからということで選択するのではなく、医師の診断を受ける方が安全です。
配合される栄養分が異なりますので、安易な選択は猫の健康を阻害する恐れもあります。

また、年齢やライフステージに応じた選択も必要です。
幼猫、成猫、老猫など、成長や活動量の違いがありますので、必要な栄養素、カロリーは異なります。
幼猫は消化器官が未発達のために少ない量でも高カロリーになっています。
老猫は食欲も低下しますが、活動も低下しますので低カロリーで、加齢により懸念される泌尿器関連の病気に配慮した栄養分の調整がされています。
最近は、年齢も細かく細分化されたペットフードが市販されていますので、年齢に応じたキャットフードを選ぶだけで、ケアがしやすいようになっています。

一般食にもフレークタイプやパテ、スープ・シチュータイプなど、様々な形状のものがあります。
嗜好性が高く、猫の好みに合わせやすいということもありますが、好みの食べ方や歯の状態、与え方などを考慮して選びましょう。
適切なものを選ぶことで、主食の摂取を助けてくれますので、猫の健康維持に大きな役割を果たしてくれます。