目やに予防用キャットフード

猫の目やにが多くなるにはいくつかの原因があります。
猫ウイルス性鼻気管炎のように、ウイルス感染により鼻水やくしゃみ、目やにが出るもの。
細菌やウイルス感染による結膜炎や角膜炎。
微生物の感染やアレルギーによる猫の鼻炎など。
目やにが白色や黄色の場合は、細菌やウイルスの感染によるものですから、直ぐに病院を受診する必要があります。
目やに以外に症状がある場合も、病気の可能性がありますから、直ぐに病院を受診しましょう。
目やに以外に症状がなく、猫自体も元気であれば、身体の中の老廃物が出てきている可能性があります。
涙腺液(涙)に外部からのごみやほこり、老廃物がまじりあって付着しているということです。
目やにの色も赤や茶色っぽいのであれば、間違いないでしょう。
この場合は、キャットフードが合っていないということが考えられますので、良質なキャットフードに変えてみましょう。

添加物が多い、あるいは、胃腸での消化が十分にできていないということが考えられます。
消化性の高いタンパク質やビタミン、ミネラルの豊富なキャットフードがいいでしょう。
無添加のものや、猫があまり得意ではない穀物を使っていないグレインフリー、低アレルギー食などもおすすめです。
キャットフードを良質なものに変えることで、消化吸収もよくなり、代謝も向上しますので、体の中からの老廃物は減少します。
また、食物に対するアレルギー反応の場合も、改善されます。
ダックやラムはアレルギー反応が少ないといわれています。

各キャットフードメーカーでは猫の健康のためにいろいろな工夫がされています。
海藻やミネラルを添加して老廃物の排出を促進する。
漢方にも使われる生姜や朝鮮人参を加え代謝を向上させる。
タウリンを増強することにより老廃物の排出を促進する。
カモミールを添加して毒素の排出を促進するなど身体の機能を向上させ健康を増進するものですから、目やにへの効果も期待できます。
健康上問題のない目やにであれば、良質なキャットフードで改善が期待できます。
猫の好みに合ったものを選んであげましょう。