pHコントロール用キャットフード

pHコントロール用キャットフードは、尿を弱酸性に維持できるようにコントロールするためのフードです。
成猫期には尿のpHがアルカリ性に傾きストルバイト結石になりやすく、高齢期や老齢期にはには尿のpHが酸性に傾きシュウ酸カルシウム結石になりやすい傾向があります。
それをいずれにもなりにくい弱酸性の状態を維持します。
数値としては、pH6.0~6.5です。
このバランスを維持しながら、尿の量を増やすことがポイントになります。
結石の原因となるマグネシウムやカルシウムを減らせばいいように思われますが、確かにある程度抑制することは必要ですが、栄養素のバランスを取ることの方が重要です。
そのため、pHコントロール用キャットフードは、消化性の高いタンパク質にミネラルなどの栄養素をバランスよく配合し、健康的な尿量を維持するように作られています。

pHコントロール用キャットフードは、ストルバイトの予防・溶解、シュウ酸カルシウムの予防、長期間の給与が可能、突発性膀胱炎にも対応できる、ということに重点を置いています。
尿を結石が溶けやすい、また、できにくい状態にすることができ、たくさんの尿を排泄することで膀胱の中をきれいにします。
種類もいくつかありますので、猫の状態によりキャットフードを選択しなければなりません。
尿の比重が最も低くなり、ストルバイトの溶解・シュウ酸カルシウムの予防・突発性膀胱炎にも対応できる最も性能の高いもの。
3歳までのオスや7歳までのメスに多いストルバイトに重点を置いたもの。
3歳以上のオスや7歳以上のメスに多いシュウ酸カルシウムに重点を置いたもの。
結石ができやすい肥満を解消しながらpHをコントロールするもの。
あまり水を飲まない猫のためのウェットフードなどがあります。

いずれも治療の一環として食事療法を取り入れるということですから、猫の状態にあったものを選ぶ必要があります。
また、長期給与できるフードですが、いつまでも続けなければならないというものでもありません。
フードの選択や給与期間については、必ず獣医師の診断を受け、指示に従って給与してください。