キャットフードの原材料-米

キャットフードの原材料に米とあると、炭水化物は肉食の猫には必要のないもので、アミラーゼのほとんどない猫には消化もできない不要なものと考える方が多いのですが、少しは必要なものなのです。
自然の中ではネズミなどの小動物を捕獲し、頭から尻尾まで全部食べてしまいます。
この時、小動物の胃の中にある未消化の穀物も猫の体内に取り込むのですから、キャットフードに多少含まれる方が、むしろ、自然に近いものです。
とくに、室内飼いの猫には他から補給するわけにもいきません。

キャットフードの原材料に米を使用するのは、食物繊維を取り込むためです。
猫の腸は短いため、穀物繊維を充分に消化することは難しく、胃腸障害を起こす恐れがありますが、米は小麦に比べると消化性が高く、アレルギーを引き起こす可能性も少ないといわれています。
また、炭水化物を摂取すると肥満になりやすいと考えられていますが、米は小麦に比べてエネルギー代謝率も高いため、体内にとどまる時間が短く、脂肪に代わる可能性はかなり低いといわれています。
食物繊維として優れた効能を持つ米ですから、一般的なドライキャットフードや毛玉ケアのキャットフードにも食物繊維の筆頭には米が来ているものが多くあります。
少々高めのフードやプレミアムフード、療法食などにも米が使われています。
下痢の時のフードや、肥満対策用のフードには食物繊維がさらに多く含まれますが、それも多くのキャットフードが米を一番多く使用しています。
消化性を高めた小麦などもありますが、米を使用するということは、もちろんコスト面もありますが、安くても高い効果が得られるから使用しているのです。
病気の猫のための療法食などに多く使われるということは、それだけ体に優しく作用してくれるというとでもあります。

キャットフードの原材料に穀物などの炭水化物が多く含まれていると身体に悪いキャットフード、あるいはかさ増しのために入れているという方がありますが、ほとんどのフードメーカーは上記のような理由があって米を多く使用しているのです。
米は人間にとっても、猫にとっても、優れた食材なのです。
こちらではキャットフードに含まれる添加物の中でも危険なものはどれかについて解説されています。
添加物=悪いというイメージが強いかと思いますが、中には自然由来の害がないものもあります。
人工添加物に気を付けましょう。